2016年8月3日水曜日

ミステリーランチ ビッグマウンテン レビュー ( MYSTERY RANCH BIG MOUNTAIN ) 登山




最近、体型が変わって、

サイズが合わなくなってきたので、

登山用の大型ザックを新調しました。

購入したのは、ミステリーランチのビッグマウンテン。

第一回レビューです。



関連記事:

グレゴリー パリセード80 (Gregory Palisade80) レビュー

THE NORTH FACE 「TELLUS PHOTO 40」 テルスフォト40 レビュー

ミステリーランチ ビッグマウンテン レビュー

ミステリーランチ ビッグマウンテン レビュー(其の二)



Gregoryのパリセード80を使うこと、はや四年。


大した回数使っていないのに、お別れすることになりました^^;


ウエストハーネスがブカブカで全く腰で支えられなくなってしまったので^^;


またグレゴリーにしようかなぁ・・・と思っていたのですが、


以前から気になっていたミステリーランチのビッグマウンテンが、


30%OFFになっているではないですか!




迷わず購入することにしました。


カラーは、黒と青と赤の三色展開。


パリセード80は地味な色だったので、今回は派手な赤にしてみました。




まずは、ミステリーランチをご存知ない方も多いと思うので、


簡単にメーカーの説明をします^^




80~90年代半ばにかけて、Gregoryとならぶザック界の巨頭として有名な、


デイナ・デザインの創業者「デイナ・グリーソン」



(左:デイナ・グリーソン 右:息子)


彼が2000年に商業用とは別に、


米軍特殊部隊の官給品専門のメーカーとして


立ち上げたのが、ミステリーランチです。




米軍特殊部隊や、消防、レスキュー部隊のザックとして正式採用されました。


イラク・アフガニスタン戦争の映像で見たことある方も多いのでは。





特徴は、その個性的なデザインと使い勝手の良さ、


どれだけ雑に扱ってもビクともしない素材の耐久性。


繊細に調節でき、背中全体で荷重を支える特許取得の背面パネルです。




数年前から、一般への発売も開始しラインナップも充実。


コアなザック専門メーカーとして人気を博しています^^


街使いでも人気がありますので、


興味がある方は、全ラインナップをどうぞ↓


http://www.mysteryranch.jp/(メーカーHP)





この「ビッグマウンテン」というモデルは、


登山用の大型ザックとして2014年に発表されたものです。


ミステリーランチは、まだ登山ザックメーカーとしての知名度が低い為、


ネットで検索しても、殆どレビューがありません^^;


購入を検討している方の参考になるように、


細かく書いていきますね。




大きさは65Lと表記されていますが、


ポケットを全て足すと、


グレゴリーの75~80Lぐらいの容量があると思います。




まず、特徴的なのが、真ん中がぱかっと開くセンタージップです。


一気室で、非常にパッキングし易そうです。




背中側にはハイドレーションの容器を入れるポケットが付いています。


背面のフレームはパリセード80に比べると、かなり細いですね^^;


しかし、外側の背面パネルには、金属の平たいプレートが入っていて、


剛性はしっかりしています。




また、「フューチュラヨークシステム」という特許取得の仕組みで、


使用者にピッタリの背面長に繊細な調節が可能となっています。


興味がある方はご覧ください。


フューチュラ ヨークシステム




素材にも、細かいこだわりがあり、


生地は、500デニール コデュラナイロンという


非常に防水性、耐久性に優れたナイロンを使用しています。


生地、フレームの素材については、こちら↓


http://www.mysteryranch.jp/fabric-materials/





内側はウレタンコーティングされていて、




全てのジッパーに、止水ジップを使用するという徹底ぶり。


少々の雨ではザックカバーの必要がありません。


左右のウエストハーネスには大型のポケットが付いています。




フロント部分にズドーンっと長く大きな2つのポケット。


これも、ミステリーランチの大型ザックの象徴的なデザインです。


これが、めっちゃ便利そう。


僕がこれを選んだ理由の一つでもあります。




他社のザックのポケットは、平面的なものがほとんどで、


ザックの中に物をパンパンに詰めた状態だと、


ポケットの厚みが内側から圧迫されて、使えなくなってしまうのですが、


ミステリーランチは立体縫製されているので、


ザックの中身の量に関係なく、外側のポケットが使用できます。


例えば、




このようにヘリノックスの椅子がスッポリ入ってくれる容量があるので、


雨具など、すぐに出したいものをタップリ入れることができます。




天蓋も同じく立体縫製なので、ザック内にたくさん入れても、


それとは関係なしにタップリ入れることができます。


パリセード80はザック内をパンパンにすると、


天蓋にはハンカチぐらいしか入りませんでした^^;





ただ、この立体縫製は、技術的に手間がかかるらしく、


こういう部分が値段に表れているようです^^;


天蓋のジッパーは写真のように二か所あります。


中は仕切られているので、繋がっていません。




ショルダーハーネスには、左右両側に、


ハイドレーションを固定しておくゴムが付いています。





ミステリーランチのザックのデメリットは、


生地の素材が分厚いので、


ザックの自重が多少重くなってしまうということ。


ビッグマウンテンは2400gです。


パリセード80が2800gだったので、軽くなっているのですが、


ウエストハーネスの剛性などは、


明らかにパリセードがしっかりしていましたので、


単純に比べることはできないと思います。





グレゴリーの「腰で支える」というコンセプトと、


ミステリーランチの「背中と腰の全体で支える」というコンセプト。


どっちが優れているのか?


今月予定している山行で体感してきますので、


後々またレビューします^^


-PS- 2016/9/13

追加記事をUPしました。

下記にリンクがあります。



値段は少々高めですが、


20年使える耐久性を考えたら安いかも知れません^^


ではぁ~





MYSTERY RANCH
http://www.mysteryranch.jp/





現在30%OFF(定価48000-)


関連記事:

グレゴリー パリセード80 (Gregory Palisade80) レビュー

THE NORTH FACE 「TELLUS PHOTO 40」 テルスフォト40 レビュー

ミステリーランチ ビッグマウンテン レビュー

ミステリーランチ ビッグマウンテン レビュー(其の二)




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 アウトドアブログへ

0 件のコメント: