2015年8月31日月曜日

雷鳥沢キャンプ場 温泉 入浴 (雷鳥沢ヒュッテ ロッジ立山連峰) について


雷鳥沢キャンプ場のすぐ側に、

二か所の入浴施設があります。

「雷鳥沢ヒュッテ」と「ロッジ立山連峰」です。

どちらも、地獄谷の源泉をかけ流しで入ることができます。



関連記事:

奥大日岳 登山 ① (立山駅 ~ 室堂 ~ 雷鳥沢キャンプ場) 2015/8/22

奥大日岳 登山 ② (雷鳥沢キャンプ場 ~ 奥大日岳) 2015/8/23

奥大日岳 登山 ③ (雷鳥沢キャンプ場 ~ 室堂) 2015/8/24

奥大日岳 登山 ④ (室堂 ~ 黒部ダム) 2015/8/24

雷鳥沢キャンプ場 「アーベントロート」 & 「星空」 2015/8/23

雷鳥沢キャンプ場 温泉 入浴 (雷鳥沢ヒュッテ ロッジ立山連峰) について 2015/08/22

立山縦走 登山 ① (アルペンルート室堂~雷鳥沢) 2013/9/6

立山縦走 登山 ② (雷鳥沢~一ノ越) 2013/9/7

立山縦走 登山 ③ (一ノ越~大汝山) 2013/9/8

立山縦走 登山 ④ (大汝山~大走~雷鳥沢) 2013/9/8

立山縦走 登山 ⑤ (雷鳥沢~室堂) 2013/9/9



どちらも雷鳥沢キャンプ場から見える位置にあります。


普通に歩いて5分ぐらいの距離です。




約1分ぐらい、ロッジ立山連峰の方が遠いのですが、


この1分が疲れた体には堪えるのか、


キャンプの人には、雷鳥沢ヒュッテの方が人気のようです。




前回は「雷鳥沢ヒュッテ」の温泉に行ったので、


今回は「ロッジ立山連峰」へ行ってみることにしました。



日帰り入浴600円

時間は10:00~16:00 / 18:00~19:00(以降は宿泊者のみ)



土曜日なのに、貸切状態。


おかげで、浴室内の撮影ができました^^




大きな浴槽が二つ。 左の方が熱かったです。


女湯は浴槽が一つだったようです。
 



洗い場4つのうち2つはシャワーが付いていました。


2年前「雷鳥沢ヒュッテ」で入った時は、シャワーはありませんでしたので、


設備はこちらの方が良いかも。


しかし、お湯(温泉水)の出る調子はかなり不安定で、


水と混ぜて、ちょうど良い温度にしても、しばらくすると狂ってきますので、


気を付けないと頭を洗ってるときに火傷します^^;


雷鳥沢ヒュッテも同じで、お湯は不安定でしたが蛇口なので


火傷はしないでしょう。でもシャワーがあるとやっぱり便利です^^




窓からは雷鳥沢、別山、真砂岳、奥大日岳が一望できます。




窓の外に、小さい露天風呂がありました。


どうやら今シーズンからできたようです。


2人入るといっぱいの小さな露天風呂ですが、


景色は最高です^^




源泉かけ流しで、ツルツルスベスベ、登山の疲れもゆっくり癒せます。




脱衣所には、くるくるドライヤーが一つありました。


女風呂も同じだったようです。


普通のドライヤーがあった方がいいですが、まぁ無いよりマシですね。




温泉の後は、食堂でプシュー(゜-゜)サイコー


350mlのドライが400円。


お山にしてはリーズナブル('ω')




ロッジ立山連峰が、思っていたよりかなり良かったので、


翌日も、同じくロッジ立山連峰に行ってしまいました^^;




ということで、「雷鳥沢ヒュッテ」の情報は、前回の記憶からとなります^^;




こちらが「雷鳥沢ヒュッテ」、二階が浴室となります。


先ほども書きましたが、


ちょっとだけ近いこともあって、こちらの方が混んでいるようです。


お風呂の大きさはほとんど同じでした。


泉質も同じ。


露天風呂は上の写真の右横の小さな小屋にありました。


つまり、別々の場所にあるので、服を着て入り直さないとダメです。


めんどくさいので、僕は露天風呂には入りませんでした。


眺めは、こちらは東向きなので、奥大日岳は見えない替わりに、


雄山、大汝、富士ノ折立、真砂岳、別山が一望できます。




値段は、同じく600円

時間は10:00~19:30(以降は宿泊者のみ)

と、こちらの方が長くやっています。
(※変わっているかも知れないので確認してください)




どちらも似たような感じなんですが、できれば空いてる方がいいですよね。


ってことで、


僕はこれからロッジ立山連峰をメインで利用すると思います^^




室堂には、上記のように、


他にも日本最高所の温泉「みくりが池温泉」をはじめ、


数カ所の温泉宿泊施設があります。


雷鳥沢キャンプ場からだと、紹介した二か所以外は、


階段をかなり登っていかないと行けないので


利用するのはほぼ無理です^^;


せっかく入ったのに、帰りで汗だくになりますw




夕方になると、雷鳥沢は、アーベントロート(夕焼け)で赤く染まります。




紹介した二軒の山小屋の方角(西)は、空全体がピンクに・・・




逆に東の雷鳥沢は、夕日を受けて、山が赤く染まります。


まさにマジックアワー。


これを見逃すと勿体ないので、


どちらにしても、お風呂は早めに入った方が良いと思います^^


では~



----


関連記事:

奥大日岳 登山 ① (立山駅 ~ 室堂 ~ 雷鳥沢キャンプ場) 2015/8/22

奥大日岳 登山 ② (雷鳥沢キャンプ場 ~ 奥大日岳) 2015/8/23

奥大日岳 登山 ③ (雷鳥沢キャンプ場 ~ 室堂) 2015/8/24

奥大日岳 登山 ④ (室堂 ~ 黒部ダム) 2015/8/24

雷鳥沢キャンプ場 「アーベントロート」 & 「星空」 2015/8/23

雷鳥沢キャンプ場 温泉 入浴 (雷鳥沢ヒュッテ ロッジ立山連峰) について 2015/08/22

立山縦走 登山 ① (アルペンルート室堂~雷鳥沢) 2013/9/6

立山縦走 登山 ② (雷鳥沢~一ノ越) 2013/9/7

立山縦走 登山 ③ (一ノ越~大汝山) 2013/9/8

立山縦走 登山 ④ (大汝山~大走~雷鳥沢) 2013/9/8

立山縦走 登山 ⑤ (雷鳥沢~室堂) 2013/9/9


----


撮影



camera:

OLYMPUS OM-D E-M5
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/em5/index.html


lens:

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/12-40_28pro/


photo edit:

Adobe Photoshop LightroomCC
http://www.adobe.com/jp/products/photoshop-lightroom.html

.  


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 アウトドアブログへ

0 件のコメント: