2015年7月23日木曜日

台北から花蓮 電車 太魯閣号(タロコ号)の乗り方 予約について


今回は、「台北から花蓮」まで、

列車での行き方についての記事です。

太魯閣号(タロコ号)、普悠瑪号(プユマ号)の両方に乗ってきたので、
 
その乗り比べについても書きたいと思います。



関連記事:

台湾 -  台北 鼎泰豊 (ディンタイフォン) 最新メニュー

台湾 - 九份 行き方 オススメポイント

台湾 - 九份 ~ 十分 平渓線 オススメ

台湾 - 淡水 おすすめポイント

台湾 - 夜市とは・・・ これぞ「THE・アジア」

台湾 - 猫空 - 美味しい中国茶の産地

台湾 - 「THE TOP」 夜景が素晴らしいレストラン

台湾 - 「準備編」 2014 SIMカード 悠遊カード 両替 ピーチ 桃園空港 etc...

台湾 - 台北四大観光地「龍山寺」 ディープな夜の街?

台湾 - 台北から花蓮 太魯閣号(タロコ号)の乗り方 予約について

台湾   -   太魯閣峡谷 タクシー 貸切 観光 個人(前編)

台湾   -   太魯閣峡谷 タクシー 貸切 観光 個人(後編)

台湾 - 花蓮 自強夜市

台湾 - 松園別館

台湾 - アウトドアショップめぐり  in  台北



台北から花蓮に向かうには、いくつかの方法があります。


一番簡単なのはツアーに申し込むことですが、


1人35000円ほどかかります。


多いのは、台北からトランスアジア航空で花蓮空港まで飛んで、


そこから太魯閣渓谷をバスで観光するタイプです。


費用も高いし、弾丸ツアーになるので体力的にも少々しんどいです。

 


もう一つは、僕が選択した電車での個人旅行です。


この方法は、台湾の方や言葉のわかる中国人の方に人気の方法で、


列車の予約は常にいっぱいの状況です。


日本人で、この方法をとる人は非常に少ないですが、


案外簡単に行けるので、考えている方は参考にしてください。


全席指定なので自由席はありません。




まずはVISAかMASTERクレジットカードを用意してください。


どちらかがないと予約購入できません。




 http://twtraffic.tra.gov.tw/twrail/





上記のアドレスからTAIWAN RAILWAYSのHPに進み、


臺北(台北の現地の書き方)から花蓮を選択します。


そして、希望の日付を選んで、時刻は24時間に設定してください。


パスポート番号を記入して進んでください。


列車に空きがあれば予約できます。




二週間前から予約出来るのですが、現地の祝日などが重なると


多少前後するので注意が必要です。


午前0時に発売が開始されると、すぐに売り切れてしまいますので、


あらかじめ、希望の列車の時間や番号をメモしておいて


挑んでください。




2015/06/19 台北駅


桃園空港から台北駅までバスで移動し、


すぐに予約したチケットを受け取りにいきました。




自動券売機がありますが、まったく意味がわかりませんでした(;・∀・)




少し並ばないといけないですが、


横の窓口にいけばスムーズに発券できました。


太魯閣号1名 440台湾ドル(1760円)です。




改札口のすぐ手前に、駅弁が売ってます。


日本と違って一種類しかありません。


でも、結構人気があるそうなので買ってみました。


お弁当一つ60台湾ドル(約240円)


ペットボトルのお茶1本、26台湾ドル(約104円)でした。




 太魯閣号が入ってきたところを撮影しようと


カメラを構えて待ってたのに、


寸前で前に中国人が・・・・( ;∀;)




僕はあんまり電車に詳しくないのですが、


普通に綺麗な特急列車でした。
  



前の座席との間隔も十分すぎるほどあいています。


スーツケースは上にも置けますが、足元でも十分でした。


車内販売などは一切ないようなので、


飲み食いするものは買っておかないと駄目です。




これが、さっき買ったお弁当。


紙の容器が湿気でふにゃふにゃしてます^^;


期待して中を開けてみると・・・・




見た目が汚い(;・∀・)


日本のお弁当のような華やかさは微塵もありませんw


骨付きの鶏肉と、ゆで卵と油揚げ?みたいなのが、


ご飯のっているだけです。


味は、なんていうのか・・・


香辛料のハッカクの臭いがする甘い感じの薄い味付けです。


不味くはないけど、僕の口には合いませんでした(;・∀・)


まぁ安いし、乗ったら記念に食べてみて下さい^^




上の赤丸が台北駅、東部の赤丸が花蓮駅です。


約二時間、定刻通り到着しました。


あっそうそう、列車の中はかなり冷房が効いているので、


長袖の羽織れるものを持っておいた方がいいです。




田舎にしては、結構大きい駅です。






花蓮、太魯閣の出来事は、また別の記事に書くので、


ここでは、明後日21日の帰路について書きます。




実は、日本で帰りのチケットの予約はとれていませんでした。


行きの台北駅で空きが無いか確認したのですが、


やっぱりなかったのです。


翌日20日、花蓮の駅へ寄った時に再度窓口で確認してみると、


6/21の8:30発の台北行きの普悠瑪号(プユマ号)に


2席空きができたとのこと。




ちょっと朝早いなぁ…と思いましたが、


これを逃すと、普通列車とバスの組み合わせで


台北まで帰らないといけなくなります。


ということで、明後日21日は普悠瑪号に乗って帰ることになりました。


普悠瑪号も1名440台湾ドル(1760円)でした。




30分ほど前に花蓮駅に到着して、


売店でちょっと買い物をしてから乗り込みました。




太魯閣号も綺麗でしたが、普悠瑪号はもっと綺麗です。






座席の間隔も、太魯閣号と同じく、かなり広いです。


まぁでも、どちらがいいかと聞かれたら、


どっちでもいいと答えるぐらいの差ですが^^;


乗車時間も同じく2時間でした。


10:30には台北駅に帰ってこれました。




そうそう、関係ない話ですが、台北駅のホールには、


たくさんの人が地べたに座っています。


まぁそれは文化的なことですが、


何故か、床の色が黒いところに座る人が圧倒的に多かったのです^^;




何故なのか・・・ 理由を知ってる人がいたら、


ぜひ教えてくださいm(__)m


すごく気になっています^^;


では、また~




関連記事:

台湾 -  台北 鼎泰豊 (ディンタイフォン) 最新メニュー

台湾 - 九份 行き方 オススメポイント

台湾 - 九份 ~ 十分 平渓線 オススメ

台湾 - 淡水 おすすめポイント

台湾 - 夜市とは・・・ これぞ「THE・アジア」

台湾 - 猫空 - 美味しい中国茶の産地

台湾 - 「THE TOP」 夜景が素晴らしいレストラン

台湾 - 「準備編」 2014 SIMカード 悠遊カード 両替 ピーチ 桃園空港 etc...

台湾 - 台北四大観光地「龍山寺」 ディープな夜の街?

台湾 - 台北から花蓮 太魯閣号(タロコ号)の乗り方 予約について

台湾   -   太魯閣峡谷 タクシー 貸切 観光 個人(前編)

台湾   -   太魯閣峡谷 タクシー 貸切 観光 個人(後編)

台湾 - 花蓮 自強夜市

台湾 - 松園別館

台湾 - アウトドアショップめぐり  in  台北



----


撮影



camera:

OLYMPUS OM-D E-M5
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/em5/index.html


lens:

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/12-40_28pro/


LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025
http://panasonic.jp/dc/lens/leica_dg_summilux_25/index.html


photo edit:

Adobe Photoshop Lightroom3.6
http://www.adobe.com/jp/products/photoshop-lightroom.html




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 アウトドアブログへ

0 件のコメント: