2012年4月1日日曜日

マイクロベイト ( 大阪 南港 )

気温が高くなると出動し、冷え込むと引きこもるという


魚のような生活を送っている今日この頃です^^


3/30 金曜の夜、地元の大阪南港で、


いつもより早い時間から竿を出しました。


この日の干潮は19:30。


現地に到着したのが20:00ごろでした。


天気予報では、南からの爆風が予想されていたのですが、


そんなにきつくもありません。


気温は今年に入ってから一番高い14度という小春日和。


舞台は完璧です。


あとは潮が動き出すのを待つだけ。




海を見ながらボーっとすること30分、やっと潮が効きだしました。


南風も強さを増し、水面がざわつき始めます。


その瞬間、パチャパチャっと小さいボイルが始まります。


よしよし始まったw


二投目でした。


R32 イワシカラー


流れに対してクロスでキャストして、手前の暗部に入った瞬間でパク!


セオリーどおりのパターン。


その後、小さいのを一匹追加して、「たにさん」と合流。


二人で、ゴットさんが爆釣しているというポイントに移動しました。

その爆釣の詳細はこちら「ゴットマンのブログ」をご覧ください。





翌日、同じように干潮から上げが始まる時間に、


ホームポイントにやってきました。


しばらくすると「やまぁん君」と「さとし君」が登場。




少し離れところで水面を照らすと


ブワっと水面に飛び出るようにビックリして

小さいベイトが逃げました。


この反応を示すのは「ハク」ボラの子供です。

みなさんナイトの釣行のときには、ライトを持っていると思うんですが


明るいライトをお持ちの方は、やってみてください。


ベイトの種類によって逃げ方が違います。


村岡さんが解説している動画がありますので興味のある方はどうぞ。






この小さいマイクロベイトパターンは、


シーバス釣りの中でもサヨリパターンと並ぶ強敵です。
 

メバル用の小さいワームで、あたることが比較的多いですが、


ルアーの種類、カラーなど日によって、


パターンがまるっきり違ってきたりもします。


この日のあたりは、基本どおりワームでした。


R32イワシカラー


サイズは45cmと、まま小ぶりでしたが、


このめんどくさいパターンで釣れてくれるのはうれしいです。
 

よく言われることですが、このパターンであたりもないというときは、

トレースするコースと、巻くスピードがあってないことが、


多いように思います。


同じコースに投げまくらず、毎回少しでもコースを変えてキャストすること。


巻くスピードも、レンジも変えて探ること、


面倒ですがこの宝探しが、この釣りの肝の部分なので、


おざなりになりがちですが、釣れないときほど、


意識すると良いかもしれません。


共通しますが、アーバンサイドのストラクチャーに着くシーバスは、


とにかくスレるのが早いです。


少し間をあけて、場を休ませることも、かなり重要なファクターです。


一箇所で、同じとこに向かって爆雷のように投下しても、


まず釣れません。


ポイントを休ませながら、時には潮が動くのを待ち、


一投必殺で挑んでください^^


ではぁ。。。




---------

タックルデータ

ロッド: 
OLYMPIC ARGENTO-PROTOTYPE GOAPS-902L-ML


リール:
SHIMANO 10’STELLA 3000HG


ライン: 
よつあみG-soul X3 0.8号 13lb


リーダー: 
SEAGUAR GrandMax FX 4号



関連記事:


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 アウトドアブログへ

10 件のコメント:

そぎやま さんのコメント...

スマサンも春になって釣りまくってますね!

僕もシーバスタックルをそろえたし!DKさんにルアーもらったし!

後は釣るだけなんですけどね・・・

なか さんのコメント...

そうなんですよね(^^;)
メバル狙ってると食ってきちゃうんです。
求めてる時は釣れへんのに(笑)

同じ日も二回切られました(>_<)
3ポンドのリーダーだと流石に毎回は穫れませんね(^^;)

デップ さんのコメント...

土曜の夜、僕もR32(ライブキビナゴ)で釣りました!
アルカリ等も投げましたがアタリ1回のみ。。。
あの日はポイントに着いてからスマさんが釣られてるのTLで見て
おじゃましたいな〜って思ってたんですが、短時間で帰る予定だったのと
ボイルが少々出はじめたので諦めましたToT
何回も言ってますが(汗)、スマさんのホームに
今度おじゃまさせていただきます^^

Kギター さんのコメント...

そんなパターンもあるのですね、
勉強になりました、
Xラップの小さいやつはいけるかしら?

smarf さんのコメント...

今がチャンスですよ!この嵐のあとバコバコいっちゃいましょう!

smarf さんのコメント...

あんな大きいの何回も3lbで取ってるなんてさすが過ぎて
マネできません(⌒-⌒; )
小さいベイトはプラグだと難しいですね(汗)

smarf さんのコメント...

この台風でどう変わるかわかりませんが、今のところ好調なんで
いつでもいらして下さいね。
ランガンツアー考えときますので(^-^)/

smarf さんのコメント...

シーバスは結構短いスパンでベイトが変わるのでちょくちょくチェックが必要ですね。
X-RAPの80mmですよね。今のパターンではかなり厳しいと思います。
小さめのワームかバイブレーションのどちらかがハマることが多いです。

ひろ さんのコメント...

テクニカルな釣り。僕には釣る自信がないっす。。さすがスマちゃん。

場を休ませるのは重要なファクターですよね(^^)/

しかし、ボラの子どもかぁ。うーん。難しそう。

smarf さんのコメント...

いえいえ、同じとこでよう釣らない下手くそです(^_^;)
ボラの小さいのはほんと手ごわいです。
もう少し大きくなってくると楽なんですが(^_^;)