2016年12月20日火曜日

マムート Stoney GTX Pants (MAMMUT ハードシェル パンツ) レビュー


スノーボード、冬山登山用にハードシェルパンツを新調しました。

マムートのGORE-TEXを使用した「Stoney GTX」です。

簡単にレビューしてみたいと思います。




関連記事:

マムート アイスフォール2 ジャケット ハードシェル レビュー(其の一)



昨年までは、RONIINのハードシェルパンツを履いていたんですが、


これも気付けば、もう10年近く買い替えていませんでした^^;




GORE-TEXモデルだったので、耐久性に問題がなかったことや、


滑りに行く頻度が、かなり少なくなってきたこともあって、


今でも特に機能的に問題はありません。


ただ、購入したころは、腰で履くダボダボスタイルが流行で、


裾が無茶苦茶ながいのです^^;


滑る分には問題ないんですが、たくさん歩くのはちょっと無理があります^^;




そろそろ、本格的なバックカントリーをはじめたいので、


今回は、登山と共用できるようなハードシェルパンツを購入することにしました。




いくつか候補はあったのですが、


機能的に満足いくもので、年末セールで値段が下がっていたこともあって、


最終的にこの「Stoney GTX Pants」に決めました。




雪山では、座ったり膝をついたときに、


体温で雪が解けて、徐々に浸みてくるので、


ある程度の防水性は必要です。


でも、アイスクライミングや雪崩の心配のない低山ハイクでは、


レインウェアでほぼ大丈夫だと思います。




しかし、スキーやスノーボードの場合は、


二つの理由で専用のズボンが必要です。


まず一つ目は、裾の問題です。




スキーやスノーボードは専用ブーツを使用するため、


通常より、裾が広くなっている必要があります。


このStoney GTXは裾が広く、




ボタン調節で絞ることもできるので、普通の登山靴にも合わせることが可能です。




裾は二重になっていて、ゲイター仕様になっています。


内側のオレンジのゲイターをブーツや靴の上から被せて、


先のフックはズレ上がらないように、靴ヒモやバックルに付けておくと、


深いラッセルでも雪が靴の中に入ってきません。




裾の色が変わっている部分は、


スキーのエッジや、アイゼンで穴が開かないようにエッジガードとなっています。




二つ目の理由は、表面の生地です。


スキーやスノーボードでは、


常にコケることを想定しなければなりません。


雪面でこけた場合、表面がツルツルの撥水生地の場合、


止まらず斜面を滑り落ちてしまいます。


特にレインウェアは、表面に撥水性をもたせるために


かなりツルツルしていますので、余計にすべってしまいます^^;


ですので、スキーウェアや冬山登山用のハードシェルは、


必ず表面がザラザラした生地になっていて、


こけても、止まるようになっているのです。




これは、GORE-TEXを使用しているので、


もちろん完全防水で、ポケットのジップはシーム加工してあり、


ズボンの表面生地はザラザラしてくれています。


右足には、地図などを入れておける、少し大きめのポケットもついていました。




あと、レインウェアとの大きな違いはベンチレーションです。




いくら透湿性があるといっても、晴れの日のハイクアップでは大量に汗をかきますので、


両足の外側に大きなベンチレーションが付いています。


開けたままコケても、メッシュになっているので


雪は入ってこないようになっています。




ウエストは、ベルト通しも付いていますが、


マジックテープにもなっているので、ベルトなしでも調節可能です^^




サスペンダーも付いていましたが、


僕はサスペンダーは肩が凝るので嫌いです^^;


取り外して使いません^^;




マムートなので、風に煽られないように少し細めのシルエットです。


膝は立体縫製なので滑りには影響なさそうですが、


とにかく、太らないように気を付けなければ^^;


また、実際使ってみて、特筆する点があれば追加レポします。


ではぁ~




関連記事:

マムート アイスフォール2 ジャケット ハードシェル レビュー(其の一)




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 アウトドアブログへ

0 件のコメント: