2016年6月29日水曜日

硫黄山(アトサヌプリ)


アイヌ語でアトサヌプリ(裸の山)と呼ばれる硫黄山。

現在でも、硫黄の噴煙がモクモクと立ち上り、

まさに地球の鼓動を感じるという表現がピッタリの場所でした。



関連記事:

日本最北 「旭山動物園」

青い池 (美瑛町 白金)

阿寒国立公園 「霧の摩周湖」

神秘のパワースポット「神の子池」

硫黄山(アトサヌプリ)

かみゆうべつ チューリップ公園

「知床」 ~世界自然遺産~

常紋トンネル 殉難者追悼碑


川湯温泉から、車で10分ほどのところに、


弟子屈町では、摩周湖に次ぐ名所の「硫黄山」があります。


駐車場で車を降りた瞬間、


凄まじい硫黄の臭いが鼻をつきます。






アイヌの言葉で、「アトサヌプリ(裸の山)」と呼ばれていた硫黄山は


標高512m、


昔は登ることも出来たそうですが、


今は、落石が多く危険な為、立ち入り禁止となっています。




山の中腹には、深さ50mほどの火口があるそうで、


昔は、ここに熊を追い込んだことから、


「熊落とし」という名前がついているそうです。




明治期には、道内一の採掘量を誇った硫黄の鉱山だったそうです。




噴煙の上がる、かなり近くまで歩いて行くことができます。


モクモクと立ち上る噴煙、


足元では、プクプクと温泉が湧きだしています。




まさに、地球の鼓動、自然の躍動を感じることのできる場所でした。


迫力満点の超おすすめスポットです^^




関連記事:

日本最北 「旭山動物園」

青い池 (美瑛町 白金)

阿寒国立公園 「霧の摩周湖」

神秘のパワースポット「神の子池」

硫黄山(アトサヌプリ)

かみゆうべつ チューリップ公園

「知床」 ~世界自然遺産~

常紋トンネル 殉難者追悼碑




----


撮影



camera:

OLYMPUS OM-D E-M5
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/em5/index.html


lens:

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/12-40_28pro/


photo edit:

Adobe Photoshop LightroomCC
http://www.adobe.com/jp/products/photoshop-lightroom.html

.


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 アウトドアブログへ

0 件のコメント: