2012年9月27日木曜日

実録 ほくろからみた陸軍少年飛行兵 「えっ。そうなの!?」 (細田京香)


おすすめ書籍の紹介です。





関連記事:

祖父の終戦体験 - 少年飛行兵 特攻兵(前半

祖父の終戦体験 - 少年飛行兵 特攻兵(後半)

実録 ほくろからみた陸軍少年飛行兵 「えっ。そうなの!?」 作:細田京香

東京 九段下 祖父の資料探し




以前、このブログで僕の祖父の戦争体験談を書いたことがありました。


その記事を書いてから半年ほど経ったある日、


一通のメールを頂きました。


細田京香さんという女性の方で、


ご近所の方の戦争体験を取材して執筆されているとのことでした。


その取材元の方は、


僕の祖父と同じ「元陸軍少年飛行兵」で、


その方のご友人が祖父の不時着した福岡県「雁の巣空港」に


終戦当時いらっしゃったそうなのです。


そして、細田さんはご丁寧にその方に連絡をとってくださり、


祖父のことや、その出来事についてお聞きになってくださいました。


また、知覧平和会館に聞くと情報を得られる等のアドバイスも


たくさん頂き、大変お世話になったのです。



取材されたことを元にノンフィクションの作品を書いていると


仰っていたのですが、


ついに書き上がり、本を送っていただけました。



実録ほくろからみた少年飛行兵「えっ。そうなの!?」 作:細田京香



主人公の「一橋さん」の鎖骨辺りにある「ホクロ」からの視点で、


一橋さんの幼少期から終戦に至るまでの体験を


涙あり笑いありの軽快なタッチで書かれています。


貴重な写真や上手なスケッチで、


当時の状況もよく伝わってきます。




僕も祖父が少年飛行兵だったこともあり、


当時の状況に興味を持ち、いくつかの本を購入して読みました。


その中でも、この本はその当時の生活や状況が一番伝わってきました。


本当にお勧めですので、


陸軍少年飛行兵や太平洋戦争に興味のある方は、


ぜひ読んでみてくださいね^^ 本当に貴重な体験記です。


(自費出版で部数に限りがあるのでお早めにお問い合わせください。)





それと、細田さんは数年前に写真エッセイ集も出版されています。


10年間撮り貯めた写真と


月刊誌「フォトコン」に一年間掲載された情緒あふれるエッセイのセットです。


いわゆるカメラ女子のさきがけですね(´▽`)




(Innocence 1999-2009 細田京香 写真集)


僕のお粗末な表現では1/100もお伝えできませんので


是非、手にとって見て頂きたいです。


田舎の情緒ある人と風景。


心温まる写真集です^^




- お問い合わせはこちら -

今井書店 錦町店

鳥取県米子市錦町3-90

電話0859-37-6700






ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 アウトドアブログへ

2 件のコメント:

さくたろう さんのコメント...

スマさん、これぞブログの醍醐味ってかんじですね。
スマさんの書いたブログがいかに素晴らしかったかの証じゃないですか!

私たちの年代は日本近代史について、殆ど学校で習っていないので非常に興味があります。
連絡を取って是非手に入れたいです。

smurf さんのコメント...

そうなんですよ。
他にも反響があってビックリしました。
まぁまだ100年も経ってない話ですから、繰り返さないためにも
こういう実際にあった話は学校なんかでも
もっと掘り下げて教えてもいいんじゃないかなぁ~
っと思ってます。
ぜひぜひ読んでみてください。貴重な体験談でした。